So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

高尾山ハイキング その2  [小さな旅]

高尾山に咲く花は種類が多く、多くの方がアップロードされています。
敢えて私も挑戦して見ました。
ニリンソウ、湿地帯に咲く花なので、日影沢には群生しています。でも一輪のものもあり、残念ながら私には、イチリンソウとの区別が出来ません。
DSC_0004.jpg

マムシグサ。山頂のビジターセンターの方にお聞きしたら、ミミガタテンナンショウという同じ、種族の似た植物もこの山にあるそうです。この花は雌雄あり、雄花は袋底に出口があって、花粉をつけた昆虫が底から出る事が出来るそうですが、雌花は虫が入っても出口が無く、出られない虫は袋の中で死んでしまうそうです。雌花は花粉をつけてもらったら、虫はまさに袋小路で御用済み、ということです。別に美しい花でもないのに残酷ですね。人間世界でもこう言う事がありそうなので気をつけないと、、、、
DSC_0011.jpg

タチツボスミレ。
DSC_0015.jpg

ヤマザクラ。もう花吹雪でした。
DSC_0019.jpg

ツツジ。山頂付近。
DSC_0020.jpg

ミツバツツジ。山頂付近。
DSC_0021.jpg

キランソウ。6号路。
DSC_0024.jpg

ヘビイチゴ。6号路にて。
DSC_0023.jpg

高尾山ハイキング その1 [小さな旅]

新緑を求めて4月17日高尾山にハイキングに出かけました。
JR高尾駅から小仏行きのバスは、平日というのに満員でした。ハイカーが多く、途中の病院で降りる、患者さんは降りるのに一苦労、御気の毒でした。バス会社も需要が有るのだから本数を増やせばいいのに。

高尾山の魅力の一つはいろんなルートがある事です。その日は、裏高尾方面日影から「いろはの森」というコースをたどりました。裏高尾も圏央道が出来て景観が変わりましたね。

なぜ「いろはの森」なのか、不思議に思っていましたが、いろんな木の名前の頭をイロハでピックアップして、名札を付け説明し、ハイカーが学習できるようにして有るのでした。
例えばこれは「せ」でセンノキ
DSC_0018.jpg

これは「も」でモミノキ。樅の木と言えば、「樅の木は残った」という小説がありましたね。また、諏訪の御柱祭りの柱も樅でしたね。どちらかというと寒い地方を連想させます。
立派な太い木です。
DSC_0009.jpg

ここらあたりから、関連する木と関係のある万葉集の歌の看板も出てきて、勉強になります。「三栗」はいがの中に、実が三つあるクリの木。
DSC_0012.jpg

ここの登りはきついので、「イロハ」を追うのを忘れてしまいました。いずれにしても48種類木を覚えるのは無理だし、背が高いので幹しか見えません。
眼につくのは万葉の歌の看板。この看板がある度に、一休み。
「ホウ」の木。ホウバ焼きを思い出しました。
DSC_0013.jpg

「ナラ」。小楢はかわいい女性の代名詞、その女性がだれの妻になるのだろういうのが趣意。
DSC_0014.jpg

「真木」はスギのような立派な木の意味。薬王院の杉は凄い太さですね。主人草壁皇子が死んだ悲しみを、太いしっかりした心を持った私でさえ押さえきれないというのが趣意。
DSC_0016.jpg

アオキの実です。
DSC_0007.jpg

琵琶瀧付近には満開のヤマブキ、東京のシンボルです。昔都民の日10月1日にはヤマブキのバッジが発売され、これをつけると、動物園が無料で入れたことを記憶しております。学校では太田道灌とヤマブキの逸話が紹介されました。
DSC_0030.jpg




ボタンの開花 [動植物]

我が家のボタンの開花を追いました。
4月8日
DSC_0013.jpg

4月12日
botan1.jpg

4月13日
botan2.jpg

4月14日
botan3.jpg

4月15日
botan5.jpg

4月16日
botan4.jpg

真珠の様な朝露 [動植物]

我が家のキーウィの葉もすっかり大きくなりました。
ある朝、真珠のような朝露が観測されました。
DSC_0004.jpg

DSC_0015.jpg

DSCN4413.jpg

それに対し、他の木の朝露は
DSC_0013.jpg
タグ:キーウィ

庭の花:マクロ撮影 [動植物]

70ミリの望遠レンスで接写しました。
シャクナゲのつぼみ。
DSC_0009.jpg

一部咲いているのも有りました。
DSC_0010.jpg

ハナニラ。
DSC_0011.jpg

ボタンのつぼみです。今月中には大輪を咲かすでしょう。
DSC_0013.jpg

シャガ。
DSC_0014.jpg

スミレ。いろんな種類が有るようです。自然に生えました。
DSC_0015.jpg

わすれな草。これも自然に生えました。
DSC_0016.jpg

ツツジ。もうすぐ咲きます。
DSC_0018.jpg

クリスマスローズ。下を向いて咲きます。
DSC_0019.jpg

サツキに何やら動物が、、、トカゲです。
DSC_0017.jpg

桜まつり=後の祭り [日記]

近くの「善福寺川緑地公園」ではこの時期になると「桜まつり」が開催され、屋台がでます。
DSC_0007.jpg

ところが今年は開花が早く、桜が散った「後の祭り」でした。
DSC_0008.jpg

2週間前はこんなに咲いていたのに。
DSC_0003.jpg

おそらく、お祭り日程はだいぶ前に、決められていたのでしょう。

そう言えば、高遠とかの花見ツアーも数ヶ月前に申し込むわけですが、旅行予定日が開花時期と外れるケースが多いようです。

タグ:桜、

大ホールの舞台裏 すみだトリフォニーホール [音楽]

総武線の錦糸町駅北口を降りると、正面に東京スカイツリーが見えます。
すみだトリフォニーホールはこの駅からちょっと西に行った、ビル群の中に有り、独立の建家でないだけに、外から見ると、ここがホールだという感じはしません。

ここで、バッハの「ロ短調ミサ曲」を演奏した時の写真です。

舞台から客席を見るとかなり、せり上がっています。
DSC_0003.jpg

舞台裏には出演者の色紙がいっぱいありました。
朝比奈隆。
DSC_0004.jpg

若杉弘。
DSC_0005-1.jpg

ギドン・クレーメル。街で見かける、落書きの字体みたいですね。
DSC_0006.jpg

都はるみのもありました。

前回の文化会館と違って、舞台裏は整然としてました。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。