So-net無料ブログ作成

この夏、我が家の庭を彩った花 [動植物]

数年前那須のハンターマウンテンゆりパーク
http://www.hunter.co.jp
で買ったユリですがなぜか、幹が3本になり高さは2メートル以上、花は大輪で10以上咲きました。
NDF_0977.jpg

NDF_0976.jpg

外に置いた火鉢に水を張り育てたハス。
NDF_1026.jpg

パッションフルーツの花、トケイソウ科なのでトケイソウに似ています。
パッションとは「キリスト受難」のこと。音楽の好きな方ならバッハのマタイやヨハネ受難曲が頭に浮かぶでしょう(Matthäus-Passion、Johannes-Passion)。花の中心部が十字架に似ている?のでパッションフルーツ。実もなりました。
DSCN5414.jpg

ボタンの開花 [動植物]

我が家のボタンの開花を追いました。
4月8日
DSC_0013.jpg

4月12日
botan1.jpg

4月13日
botan2.jpg

4月14日
botan3.jpg

4月15日
botan5.jpg

4月16日
botan4.jpg

真珠の様な朝露 [動植物]

我が家のキーウィの葉もすっかり大きくなりました。
ある朝、真珠のような朝露が観測されました。
DSC_0004.jpg

DSC_0015.jpg

DSCN4413.jpg

それに対し、他の木の朝露は
DSC_0013.jpg
タグ:キーウィ

庭の花:マクロ撮影 [動植物]

70ミリの望遠レンスで接写しました。
シャクナゲのつぼみ。
DSC_0009.jpg

一部咲いているのも有りました。
DSC_0010.jpg

ハナニラ。
DSC_0011.jpg

ボタンのつぼみです。今月中には大輪を咲かすでしょう。
DSC_0013.jpg

シャガ。
DSC_0014.jpg

スミレ。いろんな種類が有るようです。自然に生えました。
DSC_0015.jpg

わすれな草。これも自然に生えました。
DSC_0016.jpg

ツツジ。もうすぐ咲きます。
DSC_0018.jpg

クリスマスローズ。下を向いて咲きます。
DSC_0019.jpg

サツキに何やら動物が、、、トカゲです。
DSC_0017.jpg

タヌキの動画 [動植物]

2月の初め、朝何気なく庭を見ていたらタヌキがいました。
今までも何回か目撃してましたが、写真機をとりに行く途中で消えてしまいました。

今回はコンパクトデジカメが手元にあったので、撮影しようとしたら、前回撮影時の動画モードになっていてくれたので、ビデオがとれました。
残念ながら、後ろ姿だけですが。



「タヌキたちのびっくり東京生活」
‐都市と野生動物の新しい共存‐ (知りたい!サイエンス 35)
技術評論社刊
宮本 拓海 (著), NPO都市動物研究会 (著), しおや てるこ (著)

タヌキ本.jpg

によると都区内だけで約1000匹以上の野生タヌキが生息しているらしいです。

夜行性なので、昼間は滅多に見られないのですが、我が家には、朝7時頃何回か出没しています。

先月、1月23日の雪の朝には、タヌキの足跡が観察できました。
DSCN3740.jpg

前記の本にある実物大の足跡図で確認しました。
タヌキの足跡.jpg

ネコの足跡は通常爪が出ていないそうですが、この足跡にはあきらかに、爪があります。大きさも、図とぴったりでした。
DSCN3738.jpg




タグ:動物 タヌキ

庭の花:ユリとコスモス [動植物]

我が家の庭に大輪のユリがさきました。
昨年より、この時期気温が高いせいか、花の数が多く、しかも同時に開花しました。
DSCN0395.jpg

DSCN0396.jpg

鳥が運んだのでしょうか?こぼれ種でコスモスが、咲きました。
DSCN0392.jpg



タグ: コスモス

泰山木の実 [動植物]

前回のブログで泰山木の花をご紹介しましたが、
DSCN0374.jpg

1週間後、そこへ行くと、こんなモノがたくさん落ちていました。
DSCN0406.jpg

泰山木の実でしょうか?
先だけボロリと取れました。
DSCN0411.jpg

中を割って見ると
DSCN0414.jpg
タグ:散歩 泰山木

ススメバチの巣発見 [動植物]

フランスの作曲家Ernest Chaussonの歌曲に「はちすずめLe Colibri」という曲があります。下記のように甘い詩がついています。

Vers la fleur dorée, il descend, se pose,
金色の花に向かって蜂雀は降りていき、止まり、
Et boit tant d'amour dans la coupe rose,
薔薇色の盃のなかの愛を、あまりにも多く味わうので
Qu'il meurt, ne sachant s'il l'a pu tarir!
死んでしまう、飲み干したのかも分からないで!

Sur ta lèvre pure, ô ma bien-aimée,
清らかな君の唇の上で、おお美しいひとよ、
Telle aussi mon âme eut voulu mourir,
同じように私の心も死にたくてたまらなかった、
Du premier baiser qui l'a parfumée.
(私の心を芳香で満たした、初めての接吻で!)

私も青春時代を思い出しつつ、この曲の楽譜を見ていたら、

庭木の剪定をしていた、家内がスズメバチに刺されたと飛び込んできました。

私の頭の中は、夢に見ていたハチスズメと、現実のスズメバチが混乱しました。

まさか、都会にハチスズメ、いやススメバチがいるなんて考えもつきませんでした。

ネットで調べると、あの巣の形は「コガタスズメバチ」の初期段階の巣の形態だったのですぐ区役所に連絡し、駆除してもらいました。
DSC_0006.jpg

この「カナメモチ」の植え込みに巣を作っていました。
DSC_0002.jpg

とっくりを逆さにした形で枝にぶら下がっていました。
とっくりの先から女王蜂が出入りし、この形になるまで女王蜂一人で巣を作るそうです。
DSC_0003.jpg

綺麗につくるんですね。
DSC_0004.jpg

ほっておくと、働き蜂がワンサカ集まってきて巣はどんどん大きくなるそうです。
壊してみると、幼虫がいました。
DSC_0009.jpg





アンネのバラ [動植物]

「アンネの日記」は日本でも1950年代にベストセラーになりました。
著者アンネ・フランクは強制収容所でなくなりましたが、父親は最近までご存命でした。

その父親から、杉並区に贈られたのがアンネのバラです。

杉並中央図書館の横に、植えられていました。
DSCN3421.jpg

由来が書かれたプレートも有りました。
DSCN3420.jpg

オレンジ色のきれいな色です。
DSCN3422.jpg

ネットによると神戸の方にもあるようです。





タグ:バラ アンネ

秋深し その6:来年への期待 [動植物]

今年咲いて、楽しませてくれた花達。今の姿を追ってみました。
枯れて、来年また、花を咲かしてくれることを期待してます。
ユリです。光合成で球根を太らせて、また大輪を咲かせて下さい。
DSCN2817.jpg

ボタンです。
DSCN2818.jpg

彼岸花です。
DSCN2819.jpg

シャクヤク。
DSCN2820.jpg

アジサイ。
DSCN2821.jpg

シクラメンですが、枯れたあと、芽が出て来ました。
また、咲いてくれるのでしょうか?
DSCN2823.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。