So-net無料ブログ作成

北岳への思い [小さな旅]

いつだったか奥多摩の石尾根から初めて見た白峰三山に感激した思い出があります。
また、50年前松本へ寂しく単身赴任する中央線小淵沢付近の車窓、圧倒的に迫ってくるのは甲斐駒ですが、、、地蔵岳からアサヨ峰に至る稜線の上にひょっこり頭だけ出した氷塊のような北岳、、、実はあずさの車内アナウンスが教えてくれるまでは気がつきませんでした。下の写真は数年前に写したものですが、、、こんな風に見えたはずです。
DSCN0169.jpg

それから、月に一度は松本と東京を車で往復しましたが、長い笹子トンネルを抜け、武田氏終焉の地を過ぎ勝沼付近から、甲府盆地の先に連なる、白峰三山に感激したものです。
下の写真は近年、御坂山塊の黒岳から撮った白峰三山です。
DSCN1748.jpg

北岳を見るんだったらやはり、鳳凰三山です。下の写真は40年前鳳凰三山に登った時の写真ですが、背景の北岳へ圧倒的な迫力を感じました。そこで北岳登山への思いは募り、鳳凰三山登山から3ヶ月後に初めて北岳に登りました。
PICT0012.jpg

北岳登頂 [小さな旅]

日本で富士山の次に高い山が北岳です。8月14日から二泊で登りました。甲府から広河原までのバスはお客が多く4号車まで出ました。車中、バスガイドさんが事細かにマイクで観光案内してくれました。第一泊目のお宿は、白根尾池小屋、水が美味しく、トイレも水洗で綺麗でした。
DSCN5429.jpg

2日目あまりて天気は良くなかったでしたが、ガスの合間から、ほとんどの山が見えました。
写真はうまく撮れませんでしたが、槍ヶ岳、穂高、八ヶ岳、乗鞍、御岳、木曽駒なども見ることができました。

山頂です。
DSCN5439.jpg
甲斐駒ケ岳
DSCN5440.jpg
仙丈
DSCN5443.jpg
富士山
DSCN5447.jpg
鳳凰三山
DSCN5448.jpg

花はいっぱい咲いていました。これはセンジュガンピというそうです。
DSCN5451.jpg

カツラの葉には露が
DSCN5453.jpg

大樺沢には雪がほとんどありません。
DSCN5452.jpg
40年前は、同じ8月なのにこんなでした。
PICT0019.jpg

モルゲンロート [小さな旅]

所属する日本フィルハーモニー協会合唱団は日フィルとともに9月にメンデルスゾーン作曲「オラトリオ エリア」を演奏します。
http://www.japanphil.or.jp/concert/detail_375.html#infoBox01
今懸命に最後の仕上げを行っていますが、その曲のフィナーレにMorgenröteとともに主の象徴である光が現れる神々しい場面があります。それを歌っていると昨年9月に涸沢で見たモルゲンロートを思い出します。バナーの写真はその時撮影しました。

日本一と言われる紅葉を見に行ったのですが、少し遅かったようです。
DSC_2020.jpg

涸沢への前泊は「明神館」。ここから見た明神岳のアーベントロート、モルゲンロートも見事でした。
DSC_1959.jpg
nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。