So-net無料ブログ作成

オウレン [小さな旅]

8月6日の記事「モルゲンロート」でも書きましたが

所属する日本フィルハーモニー協会合唱団は日フィルとともに9月11日にメンデルスゾーン作曲「オラトリオ エリア」を演奏します。
http://www.japanphil.or.jp/concert/detail_375.html#infoBox01

練習中歌っていると色々雑念が湧きます。前記の「モルゲンロート」もそうでした。今回も練習中に浮かんだ雑念のお話です。メンデルスゾーン「エリア」の24番に ....wie wir mit unsern Ohren gehört...と云うくだりがあるのですが、その歌詞『Ohren』と歌った時に浮かんだのが、八ヶ岳のオーレン小屋です。
DSC_1596.jpg

2014-8-17に宿泊しました。Ohrenはドイツ語で耳という意味ですが、オーレン小屋のオーレンは「ミツバオウレン」という可憐な高山植物の花から来ているようです。漢字だと三葉黄蓮。植物の名前は漢字でないとなかなか覚えられません。
オーレン小屋の夕食は定番の馬肉のすき焼きでした。
DSC_1594.jpg

その時硫黄岳に登ったのですが、ガスで何も見えず。
DSC_1606.jpg

でも高山植物は見れました。根石山荘付近のコマクサ、駒草。
DSC_1590.jpg

タカネヒゴタイ、高嶺平江帯
DSC_1597.jpg

コバノコゴメグサ、小葉の小米草。
DSC_1601.jpg

ギンリョウソウ、銀竜草。
イメージ 4.jpg

演奏会は来週ですが、本番ではこう言った雑念は捨てて、メンデススゾーンの音楽に浸り切ります。興味のある方は是非来ていただけるとうれしいです。





nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0