So-net無料ブログ作成

北岳への思い [小さな旅]

いつだったか奥多摩の石尾根から初めて見た白峰三山に感激した思い出があります。
また、50年前松本へ寂しく単身赴任する中央線小淵沢付近の車窓、圧倒的に迫ってくるのは甲斐駒ですが、、、地蔵岳からアサヨ峰に至る稜線の上にひょっこり頭だけ出した氷塊のような北岳、、、実はあずさの車内アナウンスが教えてくれるまでは気がつきませんでした。下の写真は数年前に写したものですが、、、こんな風に見えたはずです。
DSCN0169.jpg

それから、月に一度は松本と東京を車で往復しましたが、長い笹子トンネルを抜け、武田氏終焉の地を過ぎ勝沼付近から、甲府盆地の先に連なる、白峰三山に感激したものです。
下の写真は近年、御坂山塊の黒岳から撮った白峰三山です。
DSCN1748.jpg

北岳を見るんだったらやはり、鳳凰三山です。下の写真は40年前鳳凰三山に登った時の写真ですが、背景の北岳へ圧倒的な迫力を感じました。そこで北岳登山への思いは募り、鳳凰三山登山から3ヶ月後に初めて北岳に登りました。
PICT0012.jpg
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 2

mimimomo

こんにちは^^
paxさんも山男でいらっしゃったのですね^^
北岳は鳳凰三山より先に登りました。北岳はなんだか仲間の皆に連れられて登ったようで
北岳の思い出より鳳凰三山の思い出の方が強いです。
by mimimomo (2016-08-29 10:34) 

pax

mimimomoさんコメントありがとうございます。鳳凰三山も天気に恵まれ、あの白い砂というか花崗岩というか独特な景色だと思います。また来年あたり登ろうかと思っています。
by pax (2016-08-29 20:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。