So-net無料ブログ作成

ヘルムート・リリングの第九 [音楽]

NHK交響楽団、年末恒例の第九が放映されました。
今年の指揮はヘルムート・リリング、しばらく音沙汰をきかなかったのですが。
私達の世代では懐かしい名前です。
バッハと言えば、リヒターかリリングでした。

リリングのベトーベンは聴いたことが有りませんが、
相変わらず、生真面目な指揮でした。

25年前、来日したリリングのコンサートを聴きましたが、私にとって、生涯忘れられないコンサートの一つでした。

その時のプログラムを出して、めくるとあの感動がよみがえりました。
rilling.jpg

曲目はマタイ受難曲。当時B席で7000円。
rilling_0001.jpg

25年前のチケットは席番号も手でうってありました。
公演は、今ではあたりまえとなった、日本語字幕も有りませんが、プログラムには対訳が全部載ってました。
聴く側も、それなりに予習をしたものです。

曲が終わっても感動のあまり、しばらく立てませんでした。見渡すと、泣いている人も何人かいました。

この時の公演では、今ではバッハの大御所、BCJの鈴木雅明がオルガンで加わっていました。

プログラムの広告を見ると、当時はまだ、アナログレコードが主役でした。
rilling_0002.jpg

CDも出始めていたのでしょうか、今見ると、ゴツいプレーヤーです。
rilling_0004.jpg

あの、夏目雅子が。
rilling_0003.jpg
nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 1

YUTAじい

こんばんは。
ありがとうございました。
良いお年をお迎え下さい。
by YUTAじい (2010-12-31 18:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。